モノ選び

保温調理ができる鍋帽子は乳幼児ママにとって安心アイテム

小さい子どものいるママにとって、家事って全て難易度が上がりますよね…!
ベビーカーでス―パーに行っても持てる量が限られていたり、掃除機をかけても赤ちゃんがお昼寝をしていたり‥。

私の場合は、料理が中断されるのがストレスになっていました。

そこで、作ったものがあります!

今日はそれをご紹介しますね。

どど~~ん!!

これ、みなさんご存知でしょうか?

鍋帽子です。

雑誌「かぞくのじかん」が好きでよく図書館で借りるのですが、ある号で特集があったので、作り方の本も借りてきました。

  • 裁縫初心者でもできる
  • 好きな柄で作れる
  • 鍋もフライパンも保温できる
  • 鍋のサイズは選ばない
  • 火を止めても具材が柔らかくなる
  • 噂によるとシャトルシェフと大差ないらしい!

とっても魅力的じゃないですか?

育児をしながら作るのは大変でしたが、なんとか完成。手芸屋さんが遠いので、材料はネットで集めました。

実はちょっと間違ってしまって中の綿と外側の生地を縫い留めている×の位置がちがうのですが(笑)保温アイテムとしては機能します。

保温調理できればOK~~~!

作った感想としては、まず…

大きい!!(笑)

家にある一番大きい鍋も余裕で入りますが、大きい!

口コミであったけど、これは大きい!
(収納場所があったからよかったけど、作る方は考えてからの方が良いですよ~~)

アパートに住んでいたときはコンロ反対の棚に置いていましたが、豊中に引っ越したら棚が置けなくなり、一時困りました。最終的に換気扇の上が定位置となりましたが、身長の低い母にとっては取りにくいそうです~

そして、気になるのが保温性ですよね。

でもこちらは抜群!です!!

シチューも煮物も、6時間以上温かいまま♪

じゃがいもや人参などの固い野菜も、ちょっと茹でた後に蓋をして1分沸騰させて、火を止めて鍋帽子をのせれば…気づいたら中までやわらかくなっています。

すごいよ~~!

噂どおり、ポトフが簡単にできます。

豚肩ロースのブロックをよく買う我が家にとっては頼もしいアイテムです。
お肉に塩をきつめにすりこんで(大匙2程度)キチンペーパーで包んでジップロックへ。
2~3日置いたら、塩を洗い流して適当な野菜と一緒に煮て放っておけば、完成です。

まさに時間を味方につけた料理。

火を止めて調理ができるので、子育てやお仕事で忙しい方には本当にオススメです。

うっかり火を消し忘れた!なんてこともなくなります。

手縫いの部分があるので作るのに少し時間がかかりますし、作る時は生地と綿を広げたりと大作業になりますが、1度作ってしまえば重宝します。しかも洗えます。

かさばるので収納場所の確保がデメリットですが、あると便利ですよ~。

鍋帽子、子育てママの強い味方になりますよ~。

友の会のイベントで販売されていることもあるようです。お近くの情報を検索してみてくださいね。

お知らせ


2020年2月18日(火)10:00~12:00
2020年2月20日(木)13:00~15:00
会場:オンライン会議室ZOOM(全国からご受講いただけます)
詳細はコチラのページをご覧ください。

LINE@登録で3つの特典プレゼント

子どもが片づけてくれなくて困っていませんか?
LINE@ご登録の方に、3つの特典を無料プレゼントしています

①子ども個性に合わせたタイプ別!お片づけ教育を公開
②明日の学校の用意が 自分でできる子に育つ 整理収納のポイント
③寝る前におもちゃが 片づく5つのヒント

LINE@から無料でお受け取りください♪スマホ以外の方はLINEで「@olg7566i」を、ID検索してくださいね(@をお忘れなく)
↓↓↓
友だち追加

募集中の講座

子どもと家族の心が整う
魔法のお片づけレッスン
~幸せ家族空間プログラム~

 

お片づけ1weekレッスン