色彩検定2級合格しました♪

11月に受験した色彩検定3級2級の合否通知が届きました。

無事に合格していました~ほっと一安心。

8~9月ごろTCカラーセラピーの公式勉強会に参加して、

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷのイベントに出ました。
その勢いで色彩検定の申込をしてしまい、

途中「あれ?時間がないぞ!」と焦りながら、

スキマ時間を利用して勉強しました。

 

色彩の勉強をするのは短大以来10年ぶり。
ある程度のベースがあったので
合格できたんだと思います。

 

3級は公式テキストは買わず
参考書と問題集を図書館で借りました。

2級公式テキストと199a配色カードはアマゾンで購入。

その後、3級2級の要点&問題が一緒になっている本を1冊購入。

それを買ったのが試験1週間前だったのですが、
2回くらい目を通して試験に挑みました。

試験会場の1階がドトールだったので
3級試験前と2級試験前、2回も来店しました(笑)

199a配色カードは3センチくらいのところで切り取り、
PCCSの表記の横にマンセル表記を記入して・・・

 

「色の面を上にして表記をあてる」という
練習をしたかったのですが
する時間がありませんでした。

 

でも、書いたことでだいぶ覚えられた気がします。

時間がある方は、1センチ角くらいに切り取って
自分でトーン表を作るとPCCSはすぐ
理解できると思います。

 

3級試験はとても簡単でした。

 

2級試験は公式テキストの写真や図や文章が
そのまま出ている問題もありました。
購入を悩んでいる方は、購入した方が合格につながると思いますよ。

マンセルも、5R3/12と5R4/11の違いを
問うような難しいものはなく(運が良かったのかも!?)、
表記の意味がわかっていれば解ける問題でした。

 

慣用色名は、普段から色に興味がある方なら
けっこう簡単に覚えられると思います。

慣用色をマンセルで答える問題もありましたが
4択のうち2つは明らかに違うものですし、
明度や彩度の最大値を覚えていたら解けます。

私は受験当時ガラケーだったので使用できませんでしたが、
慣用色名のアプリがあるようです。
これから受験される方には、おススメです。

 

屋号を「いろ・こころ・すまい」にしたので、
自己紹介に資格名があったほうが良いかな~という気持ちで
受験を決めましたが、勉強するのはとても楽しかったです。

ここまでお読みくださりありがとうございました。
↓クリックしていただけると励みになります

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。