防災本3冊

いろんな心、いろんな住まい。
心と住まいを整えるお手伝いをいたします。

大阪北摂の子供のお片づけカウンセリング
整理収納アドバイザーのふみです。

とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」さんで
防災の書籍を借りて来ました。

「子供を守る」
「子連れ」
「ママのための」

今の私の家の状況にあっているので、
本当にこういった書籍があるのは
ありがたいです。

情報発信をしてくれている著者・出版社には
本当に感謝ですね。

3・11より前は、ママに特化した防災記事は
雑誌の特集で見かけるくらいでした。

このような書籍のかたちになっていると
量・質があって助かります。

 

知識を得ても行動しなければ意味がないのですが
体験談がたくさん載っていて、
読むだけで意識が変わります。

意識が変わると行動できるようになるので
本って素敵ですね!

そして、読んでいて思うのは
「女性のことがわかるのは女性だけ」ということ。

ママが苦労した話がたくさん載っていますが、
行政なり自治会の場に子育て経験のある女性がいれば
簡単に想像できる話のなんと多いこと。

男性、特に年配の方は育児に関わってないから、
想像すらしてなかったんだろうなぁと思います。
そして勇気ある女性や若い男性から声があがっていても
届かなかったのかな…とも思います。
緊急時に家族を守れるのは
自分だけだ…と感じます。

いま「親子の片づけマスターインストラクター」の
試験勉強中なんですが、子供が家にいるときは
テキストやノートを広げることができないので
(ぐちゃぐちゃにされます…)
子供がいる時はもっぱら防災本、育児本を読んでいます。

 

子供のお片づけで仕事をする以上
自分の家のことだけではなく幅広い知識も必要だし、
やっぱり防災の勉強もしないとあかんなぁ~と思いました。

 

ここ2年くらい
整理収納、子供の発達、心理学で手一杯で
それ以外は後回しにするつもりだったのですが、
「生活」に関することはトータルで必要ですね…。

 

特に物の持ち方に関わってくるので
お片づけとも関係が深い。

 

私の住んでいる地域では
20年前に阪神淡路大震災がありましたが、
やっぱり風化してしまいます。

 

この前初めて義実家と
「非難するときは中学校?小学校?」
という話をしました。
(助けてもらう気満々です!笑)

 

出産まであと4ヶ月弱。

 

やりたいことは山ほどあるのですが、
時間が限られています。

何を選んで、何をしようかな。

悩みますが楽しみです(^^)

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。
↓クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 その他 生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

 

■現在、お片づけ相談メール受付中です
詳しくは上のメニューからご覧下さい。

■豊中市上野の子育てサロンで「ひよこちゃん」で
お片づけプチセミナー開催予定(2017年11月)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です