キッズスペースのお片づけ・大阪三国「おやこclubゆめの木」

いろんな心、いろんな住まい。
心と住まいを整えるお手伝いをいたします。

大阪北摂の子供のお片づけカウンセリング
整理収納アドバイザーのふみです。

少し前になりますが、
大阪市三国の「こどもclubゆめの木」さんの
キッズスペースのお片づけに行ってきました。
「妊娠中なので軽作業はできませんが・・・」と伝えたら
普段ゆめの木さんに集まっているママたちが
たくさんヘルプにきてくださいました。

みんなから愛されている場所です(^^)

 

では早速、お片づけレポート。

Before写真

まずはおもちゃの選別から。

ほぼ全て使っているおもちゃですが、
カテゴリーが細かくなりすぎると
お片づけするのが難しくなるので、

1つしかないアニメのフィギアや
お菓子のおまけ玩具・・・
あまり人気のない玩具などは処分。

 

そしてこちらのキッズスペースで遊ぶのは
0~2歳のお子さんが多いということだったので、

対象年齢が4歳以上のおもちゃや
誤飲の可能性のある細かいおもちゃは
2階に移動することになりました。
(2階にも遊ぶスペースがあります)

残った玩具は
「ぬいぐるみ」「くるま」「音の出るもの」
「ままごと・食べ物」「ままごと・調理器具」
などなど。

カテゴリーにわけて紙袋に入れていきます。

事前にカラーボックスとカゴを
用意してくださっていたので
たくさんあったぬいぐるみは
「カゴ1つに入る量」に調整して…

遊ぶときに連続性があるようなもの
(お家とぬいぐるみ&人形など)は
近くに配置したりしながら・・・

作業終了!

3~4割のおもちゃを2階に移すことができたので
かなりスッキリしました。

ここでは小さいお子さんが遊ぶので、安全が最優先。
収納家具も低めです。

ディズニープリンセスのドレスを掛けるハンガーラックは?
→鉄棒みたいにぶら下がっちゃうかも(言うこときかない年齢なので・・・)

カラーボックス増やす?
→階段みたいに上りそう。

みんなで色々相談して決めました。

 

そして、小さいお子さんが遊ぶ場合は
必ずお母さんも横にいるので、
床面積を広く取ることも大事。

 

個人のお家ではなく不特定多数の方が集まる場なので
新しい収納用品はなるべく購入せず、
足りないカゴは紙袋を利用して
様子を見ていただくようお願いしました。

「これでOK!」となってから、収納用品を探しても
ぜんぜん遅くありません(^^)

 

また、↑のおもちゃですが、
作業前は毎回外箱に戻していたそうです。

箱に戻せば四角になりますから
積み重ねることもできますし、
そうでなくても買ったときのまま
使っている方も多いですが・・・

 

元に戻す手間が少ない方が
お母さんもお子さんもお片づけしやすいです。

 

オープンなカゴや箱(写真は紙袋ですが・笑)に
ポイポイ入れるようにすると、
子供のお片づけのハードルがさがります。

 

「おもちゃを外箱に戻している・・・
子供がお片づけしてくれない!」

という方は一度外してみてくださいね(^^)

 

現在お片づけサービスは休止していますが、
カフェや自宅に伺ってのご相談は7月末まで受付しています。
お気軽にお問い合わせくださいね~~。

ここまでお読みくださりありがとうございます。
↓クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

 

■現在、お片づけ相談メール受付中です。
詳しくは上のメニューからどうぞ。

■2017年11月、豊中市上野の子育てサロン「ひよこちゃん」で
お片づけプチセミナー開催予定

■2018年2月、とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」で
子どものお片づけ講座開催予定

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。