終了まで残り です。

チラシ、レシート、DM、学校のお便り・・・ 増え続ける書類に頭を抱えていませんか?

こんにちは。藤井ふみ子です。

いつもメッセージを受け取ってくださりありがとうございます。 新年度になる4月は、いつもの紙モノに加えて、子ども関係や自治体などのお知らせがたくさんきますよね。

あなたのお家ではどうでしたか?

こんなお悩みありませんか?

  • ダイニングテーブルの上にある紙類を食事の度に移動させている
  • キッチンカウンターを「仮置き」場所にしたのにいつの間にか山になっている
  • 書類の定位置が決まっているようで決まっていない
  • 大事な書類をなくして自分を情けないと思うことがある
  • 100円ショップで買った書類関係のアイテムが使いこなせてないと感じる
  • カテゴリを分けて収納したのに時間が経つと混ざってしまう
  • 自宅の書類の片づけ方に、改善の余地があると感じる
  • 家族にも書類の片づけを共有して、自分の負担を減らしたい

書類の形状は、ほとんどが、あのペラペラした1枚の紙。

もしくはその1枚1枚が集まっている冊子です。

つまり、サイズも重さもバラバラで凹凸もある「紙以外のモノ」とは違って、書類は形が定まっているモノなんですね。

なのに、家庭のお片づけのなかでも書類管理に苦戦する人は後をたちません。

簡単に収納方法が決まりそうなものなのに、難しいと感じるのはなぜでしょうか?

真似するだけではダメ

きっと書類管理に興味をもっているあなたなら、このような写真を見たことがあると思うんです。

これは、「ファイルボックス」と「個別フォルダ」というアイテムを組み合わせてできています。

多くの書籍やインターネット上で紹介されている書類の収納方法ですね。

ですが、ご存知でしょうか?

実はこれ、「ある条件を満たした場所」に設置してはじめて、毎日の管理が楽になるという収納方法なんです。

その条件が満たされていない場合は、この収納方法のメリットは機能せず、使いにくいという結果になってしまいます。

実際に私も、数多くのファイルボックスを購入しては失敗、購入しては失敗、、、そんなことを繰り返してきました。

今はテストを繰り返した結果、少ない動作や短い時間で書類の片づけができる仕組みを作ることに成功しましたが、ほんの数年前までは書類をなくしたり、保育園に提出することを忘れて先生に「あの〜藤井さん、すみません、あの書類が・・・」と声をかけられる生活でした。

そして、それは収納用品の品質そのものが悪かったから起きたことではありません。

「不適切な使い方」をしていたために、管理がスムーズにできなかったんです。

不適切な収納方法が作り出す未来

書類管理において、「使いにくさ」は致命的です。

「使いにくさ」がお片づけのモチベーションを低下させます。

お片づけは「定位置にモノを戻す」という行動ですから、モチベーションの低下は「行動を起こさない=片づけない」につながります。

不適切な収納方法を選んだ結果どうなるのかというと、、 ・キッチンカウンター ・ダイニングテーブル ・サイドボードの上 こういった手の届きやすい高さの場所に、1枚1枚と紙が置かれてしまうんですね。

収納ケースに入れたり、戻すことが億劫になった経験は、あなたにもあるのではないでしょうか?

1枚の「まぁいいか」

そして、ちょい置きした紙は時間の経過とともにミルフィーユのようになり、、、

新しく届いた書類を見て、「これは重要だから別のところに」と混ざらないように、新しく入ってきた紙の一部は別の場所へ置く。

でも、その場所の書類の山も少しずつ高くなっていき、、、、 重要書類専用だったはずのところが普通の紙置き場所に。

そしてまた、「これは重要だから別のところに」と紙エリアが拡大していく。 このように、不適切な収納方法が「部屋のどこを向いても紙が目に入る」というようなお部屋を作り出してしまいます。

年末お大掃除のタイミングで紙袋にまとめて保管するけれど1年経ってもそのまま、ということもあるかもしれません。

せっかくお金を出して収納用品を揃え、時間をつかって整えたのに機能しないという結果になると悲しいですよね。

書類管理に悩む多くの方には、共通する点があります。

書類が片づけられない3つの壁

①収納原則に沿ったアイテムを選べていない

あなたのお家で機能する書類管理の仕組みを作るためには、書籍やネットで紹介されているものをそのまま真似するだけではダメなんです。

お片づけというのは、そして「収納」には、絶対の正解はありません。

なぜなら、「モノを取り出しやすく戻しやすい定位置」を決めるためには、様々なことを考える必要があるからです。

お家の間取りはもちろんのこと、生活リズムや家族の個性、趣味嗜好、家事分担のバランス、時間の使い方・・・   つまり、誰かの仕組みを真似しても、その背景が一致していない限り、あなたの書類管理が楽になることはないんです。

でも、世界にあなたと「似たような人」はいるかもしれませんが、あなたと「全く同じ人」はいませんよね?

ですから、あなたに合った仕組みを作るためには、収納の原則から選んだ適切な収納用品を、適切な場所に設置することが必要なんです。

②タイミングがコントロールできない

  他のモノの片づけと家庭書類の最大の違いは、私たちの意思とは関係のないタイミングで 家に入ってくるということです。

服を買う時は「服が欲しい」「買いに行こう」という前段階があり、私たちも「増える」ということをあらかじめ知っておくことができます。

ですが、書類はそうではありません。 幼稚園や学校からのお便り ポスティングされるチラシ 自治体からの連絡 習い事のお知らせ もちろん、保険や税金関係などの「ある時期に届く」ということがわかっている書類もありますが、家庭で扱うほとんどの書類は、発信側の都合で家に入ってくるんですね。  

しかも悩ましいのが、それらに目を通せば、様々なことを知ることができるという点です。

③情報の扱い方のルールがない

「書類の片づけ」というと、多くのひとは「どのバインダーを使おう?」「綴じるか?クリアファイルに入れるか?」という計画から始めますが、私たちが最も気をつけるべきなのは「書類=情報」という部分です。

いまの日本人が1日で得る情報の量は、江戸時代の人の1年分と言われています。

  • 子育てのコツ
  • 安くて簡単で美味しいレシピ
  • ファミリーが行きやすいお出かけスポット
  • 将来のお金の不安がなくなる投資術
  • 今どきママのファッション&美容

私たちは、日々膨大な情報のシャワーを毎日あびさせられているんですね。

スーパーで納豆を買う時は「納豆を食べよう」と思って買い、冷蔵庫に食べる時まで保管しますよね。

書類管理も同じです。

私たちは、その紙に書かれている情報を「自分の人生をよい方向に変えるために使う」。 そのために情報=紙を所有することを決めます。  

さきほどお伝えしたように、書類は私たちの意思と関係なく家に入ってきます。

ですから、私たちが受動的な状態では管理不可能と言ってもいいでしょう。

こちらが主体的に「書類=情報」と関わる。

そして、それを実現するために「いつ手元にきても、簡単に処理できる」という物理的環境を構築することが求められます。 そうしなければ、1年後も3年後も10年後も、今と同じ暮らしか、今よりも書類に振り回されながら暮らすことになるでしょう。

人生の浪費と幸せの喪失

私たち現代の女性はとにかく毎日やることが多く、時間に追われていますよね。

子どもの世話、学校とのやりとり、パートナーの両親との付き合い、、、、 ひとつひとつはそれほど大きくなくても、多種多様、細かい時間の積み重ねが、余裕のなさにつながっています

仕組みがあればすぐ出せたかもしれない書類を見つけるために、1日のうちの何分を使っているでしょうか? もしあなたが、1日5分書類を探していたとしたら、、、 1年間で1825分になります。

1825分は約30時間です。

探し物をする時間というのは、イライラや焦りというネガティブな感情は生み出しても、ポジティブなものは何ひとつ生み出さない「浪費」の時間。

家事や育児、人によっては仕事もあります。 あなたは、家族のことを優先してご自身ことを二の次にしていませんか?

そして「やりたいことがあるのに、できない!」という気持ちを抱えて憤りを感じたりしていないでしょうか。

もしかしたら、そのことで家族と衝突して後悔したり、衝突を避けることで辛さや悲しみをを一人で抱えて日々を過ごしたことがあるかもしれません。

in→outの書類のスムーズな 流れをつくるためには

いつチラシやDMがポストに入っても、子どもが学校からのお便りをどっさり持って帰ってきても、スムーズに処理できるようになるといいですよね。

実は、家庭の書類管理に必要な収納アイテムはそう多くありません。

なぜなら、先にお伝えしたように、物質としての形はほぼ同じだからです。 定位置を決めるために考えるべき要素は3つです。 それは、「人(あなた)」「情報」「空間」。

「あなた」と「情報」の関係性 「情報」と「空間」の関係性 「空間」と「あなた」の関係性 これらを分析し、見直し、整えることで、あなたやあなたの家族にあった書類管理の仕組みが作れるようになります。

あなたが、書類のお片づけをして時間と気持ちの余裕を生み出し、家族と関わる時間をもったり、自分のやりたいことを思う存分できる人生を取り戻したいなら、ぜひこの特別な案内を最後まで聞いてください。

家事、育児、仕事で忙しいママでも 時間と気持ちの余裕が生まれる

毎日の書類管理が楽になる 仕組み作りプログラム

この講座はオンラインで 提供される動画プログラムです

オンラインで提供されるので、あなたがどこに住んでいたとしても、どれだけの時差があっ たとしてもコンテンツを受け取ることができ、さらに自分の何度でも繰り返し学ぶことができます。

プログラム受講後こうなります

  • 何からすればいいのか手順が明確になるので、すぐに片付けを始めることができます
  • いつ書類が家に入ってきても、処理方法で悩むことがありません
  • 家族と書類管理を共有でき、あなたの負担が減ります
  • 必要なアイテムを選べるので、お金や時間が節約できます
  • 自分の書類の片づけ方のイメージができるようになります
  • 時間や気持ちに余裕がでて、あなたの笑顔が増えます

プログラムの講師は「モノとココロのお片づけ専門家」藤井ふみ子です。

藤井ふみ子

子どもの生きる力と 家族の助け愛を育む モノとココロのお片づけ専門家

個人宅向けの整理収納サービスや、子育て支援センター・子育てサロンでお片づけ講座を開催し、延べ170名以上の女性のお片づけのサポートをしています。
あなた一人が頑張るのではなく、耐えるのではなく、「あなたが自然体のままで一番身近にいる家族と、幸せを共に感じて生きるためのお片づけ」をしていきましょう。

大阪府豊中市在住。
1歳年下のパートナー、7歳男の子、3歳女の子の4人家族。
■保有資格■

  • 一般社団法人『親・子の片づけ教育研究所』認定講師
  • 親・子の片づけマスターインストラクター
  • NPO法人ハーティ認定心理カウンセラー
  • 整理収納アドバイザー

カリキュラム

  • 書類を片づけるメリット
  • 「この書類どうしよう?」をゼロにする3つのポイント
  • 書類管理3つの要素
  • 分類と脳の仕組み
  • アイテム選びと3種類の収納方法
  • ファイル式とバーチカル式
  • 家庭の書類管理に必要なアイテム
  • 失敗しないクリアファイル選び
  • 素材の違いによる差は?
  • インデックス&付箋、個別ファイル
  • 家族が自分で探せて、直感でわかるラベリングの工夫
  • 書類の定位置決めのマップ
  • 書類の片づけの手順
  • すきま時間で書類整理が進む裏技
  • 仮置き書類について
  • 処分までを簡単にするために
  • 藤井ふみ子が買って良かった事務用品

※「学び」を実践し暮らしを変えるために、ワークをご用意しています。都度動画を止めて取り組んでください。

カリキュラムを分け、5/11(火)から会員サイトに動画をアップし提供します。
(全カリキュラムアップ完了予定日:5/17)

会員サイトのサンプル画像

↓↓↓

受講に関してよくあるご質問

Q:動画をみるには専用のアプリが必要ですか?
A:ChromeやSafariなどのブラウザがアプリがあれば視聴可能です。(専用のアプリもあります)パソコンでもスマホでもご覧いただけます。また、動画は一時停止をしていただくことができます。

Q:動画はいつまで見ることができますか?
A:このオンライン講座に視聴期限はございません。管理者の藤井ふみ子が事業を続ける限りは繰り返しみていただくことができます。

Q:カリキュラムにデジタル書類管理はありますか?
A:ありません。なぜなら、分類ができていない状態で「紙媒体」「デジタル」を併用すると、かえって混乱を招くからです。書類のデジタル化は「収納場所」のひとつになります。紙の書類をコントロールできるスキルを身につけてから、一部の情報をデジタル管理することをオススメします。

Q:自宅にプリンターがありません。ワークは印刷する必要がありますか?
A:いいえ、プリンターは必要ありません。特別なシートは使いませんので、コピー用紙やノートで十分です。

Q:クレジットカードで購入するのは怖いです
 A:SSLで暗号化され決済されます。私もクレジット番号を知ることはできませんのでご安心ください。

Q:動画講座でわからないところ、疑問点が質問できないのが気になります
A:ぜひメールでご質問ください。多くの方に共通する問題でしたら、私の方で個人情報を伏せたうえで、補足として都度カリキュラムに追加する形でお答えします。具体的な場所を知りたい場合は、個人相談やグループ相談をご検討ください。
いずれにしても、「わからない部分があるかもしれない」と心配されるということは、それだけお片づけに対しての気持ちや、変化への期待ががあるということだと思います。応援しています。がんばってください!

Q:いま時間がないので次回の日程を教えてください
 A:次回の公開は未定です。この機会をご検討いただければと思います。

この講座の参加費は・・・

お片づけのプロに書類整理のサポートを依頼すると、3時間、書類が多ければ10時間以上必要となります。

1時間5000円の設定でも、15000円以上かかる計算です。

しかも残念なことは、機能する仕組みができたとしても、自分にスキルが身についていなければ、遠くない将来に再び書類の山に悩まされることになるということ。

他の人に頼る、ということはそういうことです。

数万円も払った結果がそれでは、もどかしいですよね。

ですが、今回あなたにご提案するプログラムは、「書類管理が楽になる仕組みを、自ら作り出せるようになる」ことを目的にしています。

しかもオンラインの動画講座なので、いつでも試聴することができます。

引っ越しや、子どもの進学、転職などのライフイベントがあった時にも、動画を視聴しながら書類管理が簡単にできる物理的環境をあなたの手で構築することができます。

お片づけのスキルは、身に付いたら一生使えます。

書類の種類や量、暮らしの変化に対応できる能力を身につけることができたら、、、

あなたの人生にとって、どれくらいの価値があるでしょうか?

このオンライン講座の価格は

4980円(税込)です。

  この価格で、 あなたは、書類に悩まされる生活から抜け出すための知識を得ることができます。

なぜこんなにも安い価格を設定したのかというと、それには理由が3つあります。

ひとつめは、藤井ふみ子がつくった個人のコンテンツだからです。

ファイリングや書類管理を学ぶ講座に2万円以上するものもありますが、その価格には協会に納めるロイヤリティが含まれています。

今回のオンラインプログラムは認定講座ではないので、プログラムの内容そのものの価格であるということです。

ふたつめは、オンライン動画で学んでいただくスタイルなので、私の実動時間がほぼ発生しません。

なので、多くの方にお届けできる分、この価格で提供することが可能になりました。

そして、みっつめは、一人でも多くのひとに、書類管理で悩む生活から抜け出して、時間や気持ちにゆとりをもった暮らしを実現してほしいからです。

あなたが書類を探すことをしなくなる・・・それが生み出すものは、あなたの充実感だけではないはずです。あなたの変化が、ご家族にも広がっていくことと信じています。

片づけの本質を知って身につけることができれば、どのような環境の変化、暮らしの変化があっても自分で「使いやすい仕組み」を作ることができます。

はっきり言って、相当溜め込んでいない限り、書類のお片づけに30時間も必要ありません。

あなたがいま書類を探している時間(1日5分✖️365日)。

そして、4980円というお金の投資。

これで、あなたが違うステージに行けるとしたら、どうでしょうか?

しかも、これからは書籍やインターネット上の写真をやみくもに真似をする必要もないんです。「他のだれか」を目指すストレスからも解放されます。

まずは、毎日、私たちの意思とは関係ないタイミングで家に入ってくる「書類」を、私たちがコントロールしていきましょう!

そして、今回はさらに特典をご用意しました。

 

特典①
書類整理分類
ワークシート

何事も最初に取り組むときには手順書やフレームがあった方が、理解が進み、作業スピードが格段にあがります。 分類についてはプログラム内でも詳しくお伝えしていますが、動画を再視聴しなくても、すぐに取り組めるワークシートをご用意しました。  

特典②
あなたの「選ぶ」をたすける
整理フローチャート

書類の片づけにおいても、「要る・要らない」の整理の結果が、その後の収納ステップの難易度を左右します。 あなたが手元におくべきなのは、あなたの人生を豊かにしてくれるモノたち。 あなたのお片づけを加速するツールとして、フローチャートを使ってください。

気持ちにゆとりをもって豊かな毎日を送れるように、一緒に書類のお片づけをしませんか? あなたのご参加をお待ちしています!

4980円(税込)

下のフォームにご入力の上、決済ボタンを押してください

1.参加者の情報を入力してください。
2.商品と金額を確認してカード情報を入力してください。
商品 価格
書類管理の仕組みづくりプログラム ¥4,980
¥4,980
¥4,980

※クレジットカード・一括払いのみ Visa・MasterCard・American Expressに対応 (JCB・Diners Club・Discoverはご利用いただけません)

銀行振り込みで参加の場合

銀行振り込みをご希望される場合は、下の「銀行振り込みで参加する」をクリック後に出てくるフォームからお名前とメールアドレスを送信してください。口座番号などの詳細メールをお送りします。 プログラム参加費は、事務手数料を加えた5300円(税込)となりますので、ご了承ください。

先着特典はメールを送信していただだいた時間順となります。

キャンセル・返金について

商品の特性上、ご入金のキャンセル返金は承っておりません。

処理中...