物を大切にする気持ち

こんばんは。

子供のお片づけカウンセリング&
整理収納アドバイザーのふみです。

プラレールの部品交換をしました。

プラレールをお持ちの
お母さん方はご存知かと思いますが、
プラレールって遊んでいると
パーツが捻じ曲がって連結できなくなるんですよ~。

写真のようにフックが開いてしまって、
連結してもすぐ外れるようになっています。

しかし流石のプラレール。

ちゃんと交換用の部品もあります。

ちなみに、
フック状の方が痛みやすいので
輪になっている部品よりも
フックの方が多く入ってセット販売されています。
(流石!)

プラレールの対象年齢は3歳からですが、
私の子どもは1歳になる前から
電車や車に興味を持ったので
早めにプラレールデビューしました。

今では連結するのも外すのも
一人でできますが、
強引に連結を外すんですよね(笑)

自分で体験しないと
力加減も身につかないので
子供に任せていますが

「もっと優しく外して~~!!」と

叫びたくなるくらい力ずくです。

そんな感じで
毎日戦い抜いてきた
フックを交換しました。

電池交換や部品交換は
子供の見ているところでしています。

そうしていると、
子どもは大人と同じことをしたい時期なので
自分でネジを外して電池交換したいと言ってきます。

今は私が補助をしても難しくてできませんが、
3歳ごろにはネジ外しはできそうです。

最近、言葉の発達が早くて、
初めて耳にする言葉も
子供がわかるように説明してあげると
だいたい理解できているようです。

自分のおもちゃを長く使うために
こうしてメンテナンスすること。

物を大切にする気持ちを
育てていける時期に入ってきたのかな、と思います。

急いでいるときは
「自分でやる~!」モードに困ることもありますが、
「子供がメンテナンスできる子供が所有しているもの」は
とても少ないので、プラレールの部品交換は貴重なタイミングです。

もう少し大きくなれば、
連結を外す力加減もわかってくると思います。

子供の成長って毎日の積み重ねですね。
苦労もありますが楽しいです。

ここまでお読みくださりありがとうございました。
↓クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。