できない時より、できている時【子供と散歩】

こんにちは。

大阪北摂の子供のお片づけカウンセリング
整理収納アドバイザーのふみです。

 

ようやく寒さが和らいできましたね。

私は妊娠12週を過ぎたくらいから体調が回復し、
天気の良い日は子供と散歩ができるようになりました。

私の子どもは今2歳11ヶ月なんですが、
実は2週間くらい前まで、
徒歩での散歩がすごく大変でした。

全然!
大人しく歩いてくれなかったからです(笑)

手をつないだと思ったら→

すぐ離す。
突然走り出す。
斜めに体を倒す。(組み体操の「扇」みたい・・・)
片足だけで進もうとする。
何故か四つんばいで進もうとする・・・。

0歳8ヶ月で始めの一歩、
1歳をすぎるころには上手に歩いていました。
でも歩けても、頭脳は1歳児。

何回説明しても手を離して
道の真ん中に進んでいくし
走り出すし、それは大変でした。

さすがに飛び出すと危ないので注意しますが、
THE馬耳東風~~。ヒュ~~。

息子は成長曲線を突き抜けていて、
体がまるっと1年分くらい大きいんです。
4歳児並。

一緒に歩くのも体力を使っていました。
(本気で抵抗されるとすごく重たい…)

 

息子より小さい子が、お行儀よくして
お母さんとゆったり散歩しているのを見ては
うらやましく思ったり、

「なんでうちの子は、こんな風にしか歩けないの?」

とため息が出たり。

普段家の中でも子供中心で生活していて、
夫には「甘すぎ」と言われるレベルなので

「子供に合わせすぎなのかなぁ?
私のせいでわがままなのかな~」

と落ち込んだりもしました。

夫と息子が一緒に歩いていると
短気な夫はいつもイライラ・・・(その姿に私もイライラ/笑)

でも「危険なこと以外は怒らない!」を軸に
育児をしているので、
息子が変な歩き方をしても自由にさせて、

手をつないでくれている時に

「ありがと~~!」とか
「おてて繋いでると安心だね!」とか
「いっしょにお散歩うれしいな~」とか。

車が来て、道路の端に寄ってストップできたときは
大げさに褒めてみたりハイタッチしたり。

散歩中に注意することが多いので、
その3倍はプラスの声かけをするようにしていたら、
気づけば子供から手をつないでくれるようになりました。

今年に入ってからすごくしゃべるのが上手になったので、

「かぁか、おてて繋ぐと嬉しい?」と声をかけてくれたり、
(「うん、嬉しい~」と返すと笑ってくれます)

「おてて繋いでると安心なんだよね!」と
ドヤァ~と笑ったりww

車が来たら自分から「ストップだよ」と教えてくれたり。

ここまでたどり着くのに2年くらいかかりましたが、
ようやくのんびり散歩ができるようになりました。

息子も散歩嫌いにならずにすんだので、
長かったけどがんばった~って気がします。

 

私は仕事で送迎サポートをすることがあります。
幼稚園や保育所に子供を迎えに行き、
お家や習い事の場所まで送ります。

子供なのでスムーズに歩かないことも多いですが、
怒ってばかりだと子供も嫌な気持ちになるので
お行儀よく歩いてくれているときには
5歳児でも「ありがとう」を伝えたり、褒めたりしています。

「私と歩く=楽しい」の方が、仕事上も良いので(^^)

電車を見ることに夢中の子供に、
横から「早くして!」と言ったところで
自分から「うん!早くお家に帰ろう!」とは
思いませんしね~。

送迎の時間は大人の都合なので、
急いで欲しいときは
「お願い」という形で伝えます。

そのほうが、子供も納得してくれます。

手を繋いで歩く。

「当たり前」と思うようなことですが、
手を離したときに叱ったり怒るのではなく、
手を繋いでいるときに褒めるのが大切かな~と思います。

 

豊中ではもう少しすると桜が咲きます。
暖かくなればバーベキューもしやすいですね♪
アウトドアも好きなのでとても楽しみです(^^)

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。
↓クリックして頂けると励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です