整理整頓ってよく聞くけれど… 

いろんな心、いろんな住まい。
心と住まいを整えるお手伝いをいたします。

大阪北摂の子供のお片づけカウンセリング
整理収納アドバイザーのふみです。

 

 

色鉛筆収納からの派生話題。

 

みなさん「整理整頓」って聞いたことありますよね?

私も小学生の時、学校で何回も聞きました。

 

四字熟語みたいになっていますが、
「整理」と「整頓」って、全然違う作業です。

 

先生が「整理整頓」をきっちり
説明してくれた記憶はないので、
私の想像ですが…

 

小学校で言われてる整理整頓の意味は、
「お片づけ=物を元の場所に戻しましょう」+「キレイにしましょう」
…かな?

 

少なくとも私は上記のように感じていました。
(今は小学校で整理収納を勉強するので、教えてくれてるかも)

 

でも、

学校にある物って、基本的に全て
「学校で使うもの・必要なもの」です。

 

学校に、
サイズアウトした体操服とか
1年前の工作とか、
普通はおきっぱなしじゃないですよね(笑)

 

個人で所有している学用品はいざしらず、
学校のもの(黒板消しとか掃除用具など)は
絶対学校で必要だからあるわけで…
学校って、不必要なものがあまりない場所です。

 

何に対して「整理」を使っているかはわかりませんが、
学校の物に対して言っているなら、
整理=(いる・いらないを分ける)をする必要はないのです。

 

しかも「学校のもの」って児童や学生に
「いる・いらない」を判断する権利ないですよね~。

 

学校で言われる「整理整頓」→「お片づけしようね、キレイにしようね」??
そして、この「キレイにしましょう」は、
ゴミをゴミ箱へっていう意味も含まれていると思います。

 

ちなみに、ゴミをゴミ箱に入れるのは「掃除」です。

 

多分「綺麗にしようね!」っていう
ざっくりした使い方をしている
先生は今でも多いと思う。

 

学校で言われている「整理整頓」が、
大人も子どもも混乱している原因だと思います。

 

半分以上学校のせいだな!!(笑)

 

 

ちなみに、「整頓」の意味はこんな感じ。↓

Before

 

After

 

違い、わかりますか?

 

色鉛筆の向きです。

 

 

色鉛筆が入っている場所(枠)は同じ。

見た目だけが違います。

 

本を揃えるとか、タオルをピシっと畳むとか、
そういう「ピシっと見えている」風にするのが「整頓」です。

 

乱れをなくして、見た目を綺麗にしているんですね。

 

みなさんが「お家がかたづいてな~~い!」と思うとき、
何が原因でしょうか?

 

  • ゴミが落ちているなら「掃除」が必要です。
  • ものが元の場所にもどってないなら「片づけ」が必要です。
  • ゴミもないしお片づけもできている。でも、すっきりしない。
    そんな場合は見た目を綺麗にする「整頓」が必要かもしれません。

 

どれが足りてないから「片づいていない」ように見えるのか、
いちどお部屋を見渡してみてくださいね(^^)

 

 
ここまでお読みくださりありがとうございます。
↓クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

 

■現在、お片づけ相談メール受付中です
詳しくは上のメニューからどうぞ。
■豊中市上野の子育てサロンで「ひよこちゃん」で
お片づけプチセミナー開催予定(2017年11月)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。