「お片づけできない」ことを性格や生まれつきと諦めないで

「お片づけできない」ことを性格や生まれつきと諦めないで

こんにちは。

大阪豊中市の整理収納アドバイザー&
親・子の片づけマスターインストラクターの
ふみです。

12月も半分過ぎましたね。

毎年
「今年こそは計画的に!
余裕をもって!
年末年始を迎えるぞ!」
と意気込むのですが、
毎年慌ただしいです(笑)

子どもが2人に増えたので
家族が体調を崩す確率も大幅UP!

今後は計画は立てるけど
完璧に遂行することは
諦めようと思います(笑)

仕事で名刺交換した時や、
子育てサロンのスタッフの方と
打ち合わせしているときに
時々聞くセリフがあります。

「私、お片づけできない性格なんです」
「私、お片づけ苦手で。生まれつきです」

うちのサイトに来てくださっている方は
お片づけ上手な方も、お片づけ苦手な方も
両方いらっしゃると思いますが、

このセリフ、どう思われますか?

 

実はお片づけできるかどうかは、
性格でも生まれつきでもなく、

習慣です。

お片づけは後天的に身につくもの!

「習慣」と聞くと、
生活のなかの色々な動作を
思い出しますね。
赤ちゃんや子どものいるお家なら
歯磨きの習慣をつけましょう」
早寝早起きの習慣をつけましょう」
宿題をする習慣をつけましょう」
なんて言ったりします。

上記は一般的に「良い習慣」。逆に「悪い習慣」と呼ばれるものもあります。

「夜更かし」
「タバコ」
「暴飲暴食」

・・・悪い例で思いついたのがこの3つでした。
典型的なダメな大人っぽい~~(笑)

と、冗談はほどほどにして、
ここで「習慣」の意味をお伝えすると・・・

習慣(しゅうかん、habit)とは、
①日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。
②(心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。
(ウィキペディアより引用)

「長い間そうすることによって」「反復」とあります。

つまり、習慣は後天的なものなんですね。

「お片づけできない」を性格や生まれのせいにする原因は?

私は小さいころ
お片づけが苦手でした。

母も苦手でした。

というか、まったく
お片づけできませんでした(笑)

そして母も
「お片づけできないのは性格だ」と
よく言っていました。
(現在は言いません)

いま思い出してみれば
「お片づけしたら→きれいな部屋」
「お片づけしていないと→きれいじゃない部屋」
という漠然としたイメージはあったものの、

どういう状態がきれいな部屋なのか
…という具体的な基準は
家庭内にありませんでしたし、
私も母もお片づけの意味を知りませんでした。

ゲームで言えば
敵(=お片づけ)の姿が見えないので、
倒し方がわからない。
そもそも存在が認識できていない。
と言ったところでしょうか?

敵の姿はわからないけど、
モノが散らかったきれいじゃない部屋
=片いていない部屋
が目の前に存在している。

お片づけできていないことは明白。

でも、残念ながら
改善する方法がわからない!

「性格」や「生まれ」は、一般的に
「変えられないもの」というイメージがあるので、

「お片づけできないのも性格生まれつきのせいにしよう!」
という意識が働いていたのだと思います。

正しい知識と手順でお片づけは習慣化できる

ですが、お片づけは習慣です。

習慣なので、
「身についているか」
「身についていないか」です。

整理収納理論を理解して実行すれば
確実にお部屋はきれいになります。

「お片づけしない習慣」を
「お片づけする習慣」に変えるのは
かなりのエネルギーが必要になりますが、
「習慣」は反復して行われることで固定化されます。

 

毎日少しずつコツコツとお片づけすれば
最初は大変だったお片づけも
少ない負担でできるようになります。

「性格だから」「生まれつきだから」と
お片づけに悩んでいる方は
諦めないでくださいね。

お片づけは習慣なので、
知識と手順さえ間違えなければ
できるようになりますよ(^^)

最初の一歩が大切

実はお片づけサポートに伺うと、
思い込みのために一歩踏み出せない方も多くいます。

どんな思い込みかというと、
「自分はお片づけできない性格」
「生まれつきお片づけできない」という
思い込みです。

たいていの原因は、

  • 幼いころから周りの大人に言われ続けた
  • 自分に近い大人がそういう発言をしていて、
    よく耳にする環境で育った

です。

ママになって
「自分の子どもはお片づけできるだろうか」と
さらに悩んでいる方もいます。

でも、大丈夫です。

しつこい様ですが、

お片づけは
習慣=後天的なもの
なので!

どんな小さなことでもOK。

インクが出なくなったペンを捨てるとか、
幼稚園や学校の書類を種類別に分けてみるとか。

簡単なことからスタートして
お部屋が変わることを実感すれば
お片づけを続けるパワーに繋がるので、
ぜひ行動してみてくださいね。

「性格」「生まれつき」と諦めていた方でも
お片づけできるようになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました