片づけのヒント

『失敗が怖くて捨てられない』を解消する方法

モノの量が多いと、家の収納スペースに収まり切らず、本来なら人が過ごすはずの空間がものに占領されてしまいます。お片づけでは使うモノを選ぶ「整理」が必須!
ですが、「モノが多いことが片付かない原因」と理解しながら、未来への不安を感じたり、「捨てた後にやっぱり要るってなったらどうしょう?」という失敗への恐れから捨てられないこともありますよね。
片づけの肝となる『整理のマインドセット』についてお伝えします。

こんにちは。

子どもの「生きる力」と
家族の助け愛を育む
モノとココロのお片づけ専門家

藤井ふみ子です。

今日は夕方から
従姉妹の結婚式なので、
朝からまつげエクステや
美容院という忙しい1日です。

長女を幼稚園に送ってから
このブログを書いています。

で、昨夜は大変でした。

なぜかというと、
結婚式に持っていけるような
デザインのサブバッグが
家になかったから・・・。

実はわたしは、
片付けを専門にしていますが

超、超、超、

超超!

多趣味&コンプリート気質です。

色鉛筆は全色揃えたいタイプ。

老舗メーカーとか大好き。

しかも困ったことに
「買うなら高級なもの」という
価値観を持っています。

あ、正しく表現すると、
「高級」というよりは
高い技術を用いて
作られたものにときめきます。

『職人技』とか
『プロフェッショナル』に
テンション激上がりするからです。

ですが、片づけ専門家として
色々実験もしたいので、
この30代後半は
『どこまで少ないモノで暮らせるか』
ということにチャレンジ中です。

自分ができないのに
クライアントさんに
「少なくても大丈夫ですよ」と
言うのって心苦しいですからね…。

〜使用頻度が低いものは買わない〜

・・・というマイルールを定めています。

しかもここ数年で
仕事が完全オンラインに。

さらにコロナでお出かけが減り
ガンガン鞄を処分した結果、

明日にせまった結婚式に使う
サブバックがない!!

いまこんな状態です(^^;

通販も間に合わないタイミングで
ものすご〜〜く困っています。

前に友人の結婚式の
カメラ用に使ったバッグは
傷んでいたので捨ててしまいました。

その時には
「なくてもなんとかなる」
と思っていたけど、なんとも…。

「クロークに預けるし」
という考えもよりぎますが、
アラフォーだし好きには
振る舞えないよね〜〜とも
思うんですよね。

ここで思わず考えるんです。

数年前の私の
「捨てる」という行動は
正解だったのか?

いま困っているから、
失敗だったのか?

あなたはどう思いますか?

正解か失敗か。

これって、結婚式に参加していない
現段階では結論づけられません。

ただ、ひとつ言えることとしては、

『人目が重要なシーンに
 使うモノに関しては
 次回は慎重に選択しよう』

という気づきを得ました。

そしてさらに言うと、
あの時に捨てなければ
この体験はできなかった。

私にとって、
ある意味成功と言えます。

『どこまで少ないモノで暮らせるか』
ということにチャレンジ中だからです。

そのチャレンジの枠の中で
起こった出来事ですから
『チャレンジ』は成功。

お片づけで
「不安が捨てられない」と
整理の手が止まってしまう時は、
「自分が何を失敗と思っているのか」を
考えてみるといいかもしれませんね。

今日の結婚式のサブバックは、
講師用として家に残していた
シンプルな革のバッグを
使うことにしました。

本革で非常に重い点だけが難点ですが
(ドレスで汗はかきたくないですね・・・)
昨日の夜、頭も体もくたくたに
なった後に気づいたんです。

『今日の目的はお祝いすることで、
 主役は私ではない』

それに、なんだかんだといって
クロークに預けている他人の
サブバックに興味を持つ人は
そういないと思うんです。

仮にクロークにサブバックを預ける前の
わずかな時間に参列した誰かに見られて、
その人に「え〜」と思われたとしても、
大した問題ではありません。

その人の意識が新郎新婦には
向いていないということですしね。

そして何より、
数年前に鞄を整理したことで
クローゼットに余裕ができましたし
「革なのに最近手入れできてない」
というストレスも減っているので、
今回の出来事は「おまけ」の
ようなものだと思っています。

筋トレ後の筋肉痛みたいなもの。

失敗を恐れて今までと
同じ行動を続けていたら、
今日も明日も同じです。

「筋肉痛辛いしな〜」と思って
運動を避けていたら、いつまでたっても
お腹と二の腕はぷよぷよです。

しかも昨日の夜の私は間違いなく
めちゃくちゃ困っていましたが、
ここから「工夫すれば大丈夫」という
体験ができる可能性がある!

これは、予測していない
出来事が起きたからこそ
自分の力になるわけです。

つまり、
『困った!』が発生した時は、
自分の生き方を最適化していく
チャンスでもあるんですね。

「使用頻度の低いものは買わない」
という今のマイルールを
変えていくのか、続けるのか?

その選択の場面が
来たということです。

タイミングは予想外でしたが(笑)

誰しも失敗はしたくないものですが、
私が結婚式から家に帰って初めて、
この一連の騒動をどのように
扱うのかが決まります。

あなたは、お片づけの失敗を
どんな風に考えていますか?

『困った!』というところで
時間をくぎれば失敗かもしれません。

ですが、そこから未来に向けて
自分の行動をどう変えていくのか?

これを考えれば、
失敗ではなくなるのでは
ないでしょうか。

今日のメールがあなたの
参考になれば幸いです。

それでは。

そろそろ出かけなければ
いけない時間になりました。

今日は全力でお祝いをしてきます!

久しぶりのまつエクと
美容院なのでそこも嬉しい(^^)

行ってきます!

あなたの毎日が
幸せと豊かさで満ちますように。

またメッセージを送りますね。

藤井ふみ子

お知らせ

「片づけできないわたし」のラベルをはがす方法とは?

「私は片づけができない人間だ」
「私は捨てられないタイプ」

片付けたいという気持ちがあるのに、
自分に貼ったラベルによって
行動が止まってしまうことを
ご存知でしょうか?

お片づけが苦手な人でも
片づけたくなる
気持ちと行動が変わる3つの秘訣

を無料プレゼントしています!

詳しくはこちらのページをご覧ください

無料プレゼント中

お片づけや家族関係に
悩んでいませんか?

子どもの生きる力と
家族の助け愛を育む
モノとココロのお片づけメソッドを
期間限定で公開しています♪

下の画像をクリックした先のページから
無料でお受け取りください。
↓ ↓ ↓

処理中...