子どもとの暮らし

「困った子」に落ち着いて対応するマインドセット

子育てをしていると、子どもの行動に困ることはたくさんありますよね。

  • ご飯を食べてくれない
  • 人の話を聞かない
  • スーパーで走り回る
  • 忘れ物が多い
  • いつまでも遊んでいる
  • 何回言っても片づけない

などなど。
毎日、時間も気持ちも余裕もないなか、お母さん達は子育てに奮闘中だと思います。
「なんでこんなに(私=母親)を困らせるの!?」と、コントロールできない怒りが湧いてくることもありますよね。

私も上にあげたことは全て経験があります。

この記事では、思うように物事が進まないとき、私が子どもに対して気をつけていることや、怒ってしまった後振り返るときにチェックしていることをご紹介します。

親が「困った子」と思うとき、子ども本人が困っている

思ったとおりに動いてくれない子どもにイラッとしたら、その度に「いやいや、子どもが困っているんだ」と思うようにしています。

ぼくはお母さんを怒らせるために、困った(と親が感じる)行動をするんじゃないよ。
ぼく、「できなくて」困っているんだよ。
だからお母さん、たすけてくれる?

何回言っても子どもが動かない時は、子どもの成長段階と、親の自分が思っている「これくらいはできるはず」がズレている可能性が高いです。
イライラした時には、私は下のようなことをチェックするように心がけています。

  • 子どもが理解できる言葉で具体的に伝えていたか
  • 子どもが「聞く」という状態にあったか
  • 伝えた後の子どもの気持ちを汲み取ったか
  • お腹が空いた・眠いなどの身体的な要素があったか
  • 自分が抱えている問題を子どもに投影していないか

子ども本人が困っているという大前提が自分のなかにあると、 助けたい気持ちになります。だって子どもは可愛いですから!

気持ちが変わると、動いてくれない子どもを動かすための言葉や行動ではなく、子どもに心から寄り添う言葉と行動が出てきます。関わり方が変わったり、子どもと自分の様子を客観的に見ることができたり、新しいアイディアが浮かんだり。

特に「子どもが理解できる言葉で具体的に伝えていたか」は毎回振り返っています。

簡潔に具体的に

子どもの理解する力に合わせて話し方を変えないと、子どもにこちらの意思が伝わりません。

特に「ちゃんと」という言葉。

簡単なので、すぐ使ってしまう言葉ですが、「ちゃんと片づけてね」は曖昧な表現です。

子どもは部屋の隅におもちゃを寄せて「ちゃんとできた!」と思っているかもしれません。

でも親の期待した結果とズレているから怒られてしまう・・・これでは悲しいですよね。



こどもが「できた!」と思っていることを親が「ちがう!」と言い続ければ、心が傷つき自己肯定感も下がりますし、自分から動こうという主体性も失われます。

なので、お片づけのシーンでは「ブロックをカゴに入れてね」「本を立てて並べてね」「クレヨンを箱に戻してね」「洗濯物を洗濯機に入れてね」と何をするべきかがわかるように伝えています。具体的な言葉をつかえば、ゴール地点が明確になって親子の認識のズレがなくなります。

繰り返す

子育て中に「今までも何回も同じことをしているのに」と思うことがあるかもしれません。
例えば、お出かけ前のお片づけ。

でも、お出かけ前のスケジュール、お出かけの荷物‥。少し状況が違えばそれは子どもにとっては「違う場面」になります。大人は記憶力も見通す力もあるので、「同じ場面」と捉えますが、子どもにとってはそうじゃないんですね。

なので、子どもに対しては同じことを何度も伝える必要があります。成長と共に理解できるようになるので、気長に声かけをしてあげてくださいね。

まとめ

子どもが困った行動をして、自分が振り回されてしまうと上のようことまで思考する余裕がありません。でも、その瞬間に「困っているのは子ども!」というフレーズさえ思い出せれば、一呼吸置くことができます。
一呼吸おければ、怒るよりももっと建設的な関わり方ができるようになります。

私も最初はうまくいかなかったのですが、練習を重ねると落ち着いて対応できることが増えました。これを習慣化して一番良かったな~と思うのは、私自身が自分に×をつけずに済んでいること(笑)怒っちゃうと、後から自分も落ち込みますから(^^;)

子どもへの声かけは自分が伝えたい内容が伝わるように、具体的に&簡潔に伝えることがポイントです。

是非試してみてくださいね。

8月4日「家族の協力を引き出す」がテーマのお片づけ講座、開催決定!

「家族は片付けてくらないから自分が頑張るしかない」
と諦めていませんか?
==============
子どもやパートナーが
自然と動いてくれる!

みんなが楽に片付けられて
家族にも自分にもイライラしない
ママもリラックスできるお家の作り方
==============

2022年8月4日(木)
13:00〜15:00
&後日動画配信ありです。

夏休み応援の特別価格で募集中!

詳細とお申し込みはこちらから↓ ↓ ↓
https://iro-kokoro-sumai.com/2022/08/03/communication-2/

出版しました!『おもちゃの片づけ』

2022年1月に通販大手Amazonより電子書籍を出版しました!
『しなやかで強い心と考える力を育む/0歳から小学生のおもちゃの片づけ』

Amazonにて好評発売中!⇒ https://amzn.to/3fWLTJ3



発売からたった1週間で656人が購読、各ランキングで1位を獲得し合計で22冠を達成!

  • 「実用・工作・趣味」売れ筋ランキング1位獲得
  • 「実用・工作・趣味」新着ランキング1位獲得
  • 「幼児教育」新着ランキング1位獲得
  • 「絵本・児童書」新着ランキング1位獲得

購読特典で3つのお片づけ解説動画つきです。
おもちゃのお片づけでお悩みの方はぜひお手に取ってください。
https://amzn.to/3fWLTJ3

その他、キャンペーン期間には以下の無料ランキング1位も獲得。
・幼児教育
・暮らし・健康・子育て
・住まい・インテリア
・家事・生活の知識
・女性学
・倫理学・道徳
・実用・工作・趣味
・Kindleストア
・Kindle本
・教育・学参・受験
・絵本・児童書
・社会・政治
・社会学
・実用・ホビー
・常識・マナー
・生活情報
・家庭医学・健康
・人文・思想​

Amazonだけで販売しています⇒ https://amzn.to/3fWLTJ3

「片づけできないわたし」のラベルをはがす方法とは?

「私は片づけができない人間だ」
「私は捨てられないタイプ」

片付けたいという気持ちがあるのに、
自分に貼ったラベルによって
行動が止まってしまうことを
ご存知でしょうか?

お片づけが苦手な人でも
片づけたくなる
気持ちと行動が変わる3つの秘訣

を無料プレゼントしています!

詳しくはこちらのページをご覧ください

無料プレゼント中

お片づけや家族関係に
悩んでいませんか?

子どもの生きる力と
家族の助け愛を育む
モノとココロのお片づけメソッドを
期間限定で公開しています♪

下の画像をクリックした先のページから
無料でお受け取りください。
↓ ↓ ↓

関連記事
子どもとの暮らし

「3歳の子どもが私の顔色を伺うんです…」

2020-11-22
家族の『絆』を育むお片づけ~幸せ家族空間プログラム~
怒りたくないのに怒ってしまう。子どもが顔色を伺っている…。そんな毎日は辛いですよね。「脱・イライラママ」はまずラベルを剥がすところから。今日は笑顔で過ごす「優しい穏やかママ」にな …
処理中...